日本人のマッチョがアメリカ人のようなマッチョになれない理由がこちら

筋トレをある程度やっている人なら「もっともっと体をでかくたいぜ!」と思っているのではないでしょうか?

と同時に、このような疑問が生まれたことはないでしょうか?

「なんか外国人の体って日本人と違ってでかくね?」

単純な骨格による差ではなく、同じ身長の外国人と日本人を見比べてみてもやはり外国人のほうが大きく見えます。

ということで今回はこの謎に迫りたいと思います。(メンタル崩壊注意)

1. 遺伝子の違い

いきなり遺伝子の違い…だと…

残念ながらこればっかりはしょうがないです。筋肉には大きく分けて2種類の筋肉があり、速筋と遅筋というものがあります。

簡単に言うと…

速筋:短時間で爆発的な力を発揮する(例:100m走、パワーリフティングなど)

遅筋:長時間にわたって力を発揮する(例:マラソン、登山など)

こんな感じです。上で挙げたスポーツをしている人の体つきをイメージして頂くとわかると思いますが、マラソンをしている人は引き締まった細い筋肉を身に纏っており、ムキムキな人はいないですよね。

逆に100m走やパワーリフターの方々は筋骨隆々としており、細い人は見かけません。

そんな速筋と遅筋ですが、実は人種によってそれらの割合が違うんです。

速筋遅筋
黒人70%30%
白人50%50%
アジア人30%70%

これらの割合が何に影響するかというと…そうです、筋肥大です。つまり、黒人、白人、アジア人の全員が全く同じトレーニングをしたとすると、一番筋肥大する(しやすい)のは黒人の方なんです。

もちろんアジア人も筋肥大しないというわけではないのですが、やはり黒人や白人に比べると筋肥大のスピードは緩やかです。

2. 胃や腸のつくりの違い

「遺伝子だけでもかなりメンタルを削られたっていうのに、まだあるのか…」

はい、あるんです。

日本人と欧米人では胃や腸のつくりも違っています。かつての日本人、欧米人がどのような生活をしていたのかを考えていただけると想像しやすいかと思います。

日本人:米や穀物、野菜といった植物食を主として食べてきたため、炭水化物中心の食事だった。そのため、炭水化物の消化については得意。

欧米人:狩猟民族であり、動物を捕まえ、それを主として食べてきたため、タンパク質および脂質中心の食事だった。そのため、タンパク質、脂質の紹介については得意。

皆様ご存じの通り、筋肉生成に必要になってくるのは「タンパク質」です。そしてそのタンパク質の消化・吸収に優れているのは欧米人なんです。

「日本人でもタンパク質たくさん摂ればいいじゃん」という声が聞こえてきそうですね。

確かに、たくさん食べれる方であれば、多くのタンパク質を「摂取」することは可能です。しかし、それはあくまで「摂取」であって、摂取したもの全てが吸収されることとはまた別なので、「摂取量」=「吸収量」ではないということです。

つまり、タンパク質の消化・吸収が得意ではない日本人がタンパク質を大量に摂取したとしても、全てを吸収することはできず、消化しきれなかったものは体の不快症状として現れます。

投稿主の話になり恐縮ですが、過去「タンパク質大量に摂ったほうが筋肉でかくなるんじゃないか?」という考えから、タンパク質量を体重×3倍摂っていたことがありました。その結果どうなったかというと、常にお腹がゴロゴロし、おならの匂いがキツくなるなど、不快症状が出ました。そして筋肉の付きも早くなったというわけではなく、結局体重×2倍に戻しました(笑)

生まれ持った消化能力を変えることはなかなか難しいですが、エビオスや強力わかもとといった胃腸薬を飲むことで食べたものをしっかりと消化するのを助けてくれますのでおススメです。

まとめ

以上が日本人がアメリカ人のようにはでかくなれない理由です。

とはいえ、これを聞いて「筋トレ辞めよう」と考える人はいないのではないでしょうか?メンタルを崩壊させておいてなんですが、日本人には日本人なりのやり方がありますので、日本人に合ったやり方を突き詰めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です